接骨院や整骨院で働く|整体スクールで体の仕組みをもっと知ることができる
教材

整体スクールで体の仕組みをもっと知ることができる

接骨院や整骨院で働く

男性女性

資格の違い

整骨院や接骨院で捻挫や脱臼といった症状の改善治療を行える資格が柔道整復師です。よく整体師やカイロプラクティックと混同されますが、これらとは全く違う技術と資格になります。特に大きな特徴は、柔道整復師は国家資格であるという点です。一方、整体師やカイロプラクティックは日本では民間資格になります。整体師やカイロプラクティックも信頼できる資格は存在していますし、カイロプラクティックでは国際基準が定められた資格です。しかし日本では国の法律上民間資格になってしまうため、柔道整復師の方が日本国内では安定した資格であると言えます。また、柔道整復師は国家資格であるため、保険適用の治療が行えるというのも大きな特徴になります。

整体を探す時のポイント

整体師やカイロプラクティックにも信頼できる民間資格は多数ありますが、そういった知識のない場合にはやはり、柔道整復師の資格を持っている人がいるかどうかを施術院を探す時のポイントにすると良いです。もちろんこれは、客として施術を受ける時だけでなく、柔道整復師として仕事をする先を探す場合でも同じです。国家資格を取ったとしても、すぐに独立して開業するというのは難しいです。実践の技術と知識を学んだほうが良いのは当然ですし、独立して接骨院を開くのであれば経営に関する知識も必要になります。法律上は、柔道整復師の資格をとれば開業は可能とされていますが、実際には開業する前に施術院でしばらく働いて、技術を磨いてから独立するほうが一般的です。求人を探すのであれば、地域の求人雑誌やハローワーク、あるいはインターネットの求人情報を確認すると、良い条件の仕事を探しやすくなります。